FC2ブログ

麻雀談2

  ~字牌の危険性~

さて、第二弾です。
防御面での基本的なことを書いていこうかな、と思ったんですが、だいたい打ってる人はその辺のことはなんとなくわかってるよなー、ってのと、書きたくなったのでこっちにしました。まぁおいおい書いてはいこうとは思いますが。

 さてでは本題に入りましょう。
今回は字牌の危険。字牌は横に伸びることはなく、同じ牌を重ねて使うものなので、単騎かシャボ待ちになります。
こういう待ちに振り込むと、点数というよりも精神的に来るんですよね。今回はそのあたり、精神面での防御、ということも踏まえて考えていきます。
というかまた私の考えですのでさらっと流してやってください。

さて、ではまず字牌を分別しましょう。といっても当たり前のことで、大まかに翻牌と役のつかない牌、いわゆるオタ風というものに分別します。

では次にこれらの牌であたる、放銃したときのことについて考えてみましょう。
・翻牌
翻牌で放銃するときは相手の手が1翻~2翻上昇する、つまり高め低めが存在する状況。それと単騎待ちの二種類があります。単騎待ちの場合は大体オタ風の時と点数はほとんど変わらない(翻牌雀頭の2符くらい)ので、そっちで記述します。
こういうときの手はほぼ翻牌ともう片方のシャボ待ちなので、(その他は23444東東といった多面張の形など)2翻上がる面前での三色同順や一気通貫などとの複合する確率はかなり低いと思います。
ということは、立直している手の場合、大体の点数は3900~12000点位が多くなります。その中でも多いのはもちろん満貫ですが。
翻牌のシャボ待ちの点数はある程度安定した点数で、高打点になりやすい。
しかし放銃する側も、危険は承知の上だと思うので、それで満貫であれば精神的に痛くないと思います。やっぱりあたるか~、と思って8000点くらいを支払うのがだいたいのところだと思います。

では、オタ風の場合はどうなるのかを考えてみましょう。オタ風で放銃する場合、相手の手は高くはならないので、2000~満貫(8000)点が多くなります。2000と3900が多いと思いますので、平均的な点数は3300くらいかと。
ではみなさんどうでしょう? 3900の振り込みって、大きく思えますか? もしかしたら鳴き重視、スピード重視で普段から点数をあまり伸ばさない人にとっては、高く思えるかもしれません。
ですが基本的に一回の和了で取り戻せる程度の放銃しかおきません。
しかしもちろんこの待ちにもメリットがあります。シャンプーではありません、利点です。(当たり前か)
やったことある人は分かると思いますが、何より和了しやすいです。立直をかけたさい、よっぽど河の捨て牌が真ん中を捨てまくってない限りは危険度は下がります。
まわし打ちしたとき、他に危険牌を持っていて、オタ風牌とドラなどの牌を切らなければならないときなどに打ちこまれると思います。(全くの無警戒で出される時もありますね)
そしてこの時に生まれるもう一つのメリットが、相手に精神的ダメージを与えやすいということです。他の危険は牌が通るのに、なんでもない字牌が通らないとなったら、少し狙われたような気になりませんか?なりませんか、そうですか。
しかしそれでも、翻牌のように分かって打ちこんでない場合も多いので、少しばかりショックは与えやすいです。
オタ風待ちは対人効果が大きいというメリットがあります。

その場や点数状況に応じて、どちらが大切なのかを考えれば、自分の麻雀を続けていけると思います。
こちらが待ちを選択する場合も、このことを踏まえて選択するといいと思います。

では次に(ってまだあるのか)どういう状況が字牌が危険になるのか、ということを考えましょう。
とはいっても(ってそればっかだな)私もその部分に関しては感覚に頼ってる部分が多いのであまり言えませんが。
特にシャボ待ちの場合は、結構目立つと思います。もし西のシャボ待ちの場合、西が二枚きれてる状況で立直を×局面というのはそうないでしょうから、その待っている字牌は0~1枚河にきられていることが多い。
と、こういう枚数計算でいくと、案外字牌の待ちというのは浮き彫りになったりするものです。
たとえ単騎だとしても、字牌が0~2枚ぎれまで。というか全部きれてたら空テン立直ですね^^;
その他の字牌がきれていたら、少し注意すればその危険には気付けると思います。
もちろん王牌に眠っている、最後の方に残っている。など、危険でないけど危険に見える、という場合もありますが、攻めるときはそんな字牌は切り飛ばしていくと思うので、考慮にはあまり値しません。ただ、まわし打とう、防御したい、というときは、これらに重点を置くと自分の麻雀を守れると思います。

で、もう一つだけ。
自分が待ちを選択するとき。ゲームの序盤、中盤あたりでは、その時の点数状況に応じて相談すればいいと思いますが、もしオーラスで点数に余裕がある場合は、テンパイして役がなくても、オタ風で立直はかけないほうがいいと思います。
自分が点数に余裕がある時、それは相手が必死になって追いつこうとしている時です。そういうときはオタ風どころか危険な数牌でもバシバシ切られていくので、追いつかれた場合に大体不利になります。
こういうときは自分の安牌として抱え、面前でツモったらそれで和了る、くらいにしましょう。

ということで、なんか書いているうちに自分の心を守る打ち方みたいに書いてしまいましたね。
そんな役に立つことはないんですが、でもこうして書いて客観的に考えるというのが結構重要だと思います。

うん。それでは、また次回(・ω・)ノシ
スポンサーサイト



フミフミカウンター
黒ねこ時計 くろック E01
今にゃんじ?
プロフィール

 オウム

Author: オウム
誕生日 1月3日 
血液型 AB型
趣味 ゲーム/動画編集
性別 オス(鳥類)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR