スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オウムの麻雀談1

最近は麻雀ばかりやっている。ちょくちょく雀荘にも通うようにもなったし、いろいろ考えることも幅広くなって増えてきた。
まぁそんななかでいろいろ考えたことをまとめたいなと思って。まぁだらだらと書いていくしだいでございますよ。

まぁ感覚的な話が多くなるとは思うので、見る人はそんなに深くは受け止めず、さらっと流す程度にご覧くださいませ。

さて、まず第一回目として、「自分の親」ということを考えようと思ってます。
麻雀のみならず、さまざまなゲームで親というのはだいたいハイリスクハイリターンが基本。麻雀もそれと同じということは、打っている方々には当然だと思います。
自分が和了った時には点数は1.5倍。他家にツモられた場合には支払いは他家の倍。ルール上はこれだけだが、これによってテンパイ気配となる、立直する。という状況になると、他家は攻めづらくなるというメリットもある。
しかしそんな親だからこそ、守りたい、維持したいというのは当然のことで親で稼ぐというのはゲームの基本。
これも打つ人にとっては周知の事実だと思います。

でもいくら親を守りたいからって他家の高い手に打ちこんでしまっては元も子もありません。
では、親を維持したい、和了しようと思った時、どれくらいなら突っ込んでもいいのでしょうか?

私の理論では、こういうときは自分の手の高さというものは別の場所へ置いておいて、他者の手の高さから押すか降りるかを決めます。
つまり、攻めてきている相手の手の高さが何翻かで、親を捨てても守るか、リスクを抱えてでも攻めるかということを決定します。
なぜ自分の手の高さは無視するのかは、私は攻めをするときの手の高さ(親、子関係なく)の基準に基づいて攻めるからです。これはまた後日にでも記載しようと思います。

話を戻しましょう。相手の手の高さが1000点で降りてはあまりにももったいない。かといって倍満に振り込んでは取り返しがつかない。(そのリスクを抱える場面もあるとはおもいますが、今は自分の手は考慮しません)
どこまでが相手の手が高いか、ということですが、私の経験でいくと、3.5翻。といったところだと思います。3900点では降りない、まだ後からでも取り戻そうと思ったら取り戻せそうな点数。しかし満貫となると、そう簡単には出来ないかもしれない。不調であればなおさら。
ツモられたらもうしょうがない、といったところです。手の高さ読みに関してはまた。

ツモられたとしたら、その人は浮きますが、その代わり周りの人も親ほどではないにせよ、一緒に沈んでくれます。満貫であればその差2000。 ハネ満であれば3000。 倍満であれば4000。 そう、3900直撃とそんな変わらないのです。
それ以前の点数ももちろん本当は考慮に入れて別パターンを検証すべきでしょうが、私はそこまで考える必要はないと思っています。その時にはその時の考えが出るはずですし。

ただ、もう一つ、雀荘などの場では、流局は全て親流れという場もあります。
こうなると、親の価値というものはそれなりに上がってきますが、私はあまりこの基準をを変えない方がいいと思います。
上がっても3.7か3.8翻くらいかな、と。

と、申してきましたが、ここで上げているのは防御前提の話です。私の打ち方は基本門前での打点を得ての時にスピードを用いて敵の手を摘む打法ですので、門前主義の方や攻撃重視の方にはあまり合わない考え方かもしれません。
それに、まだ手探りでもあるので、これからも考えていく予定です。
と、こんな感じです。なるべく負けない打法として確立していきたいと思います。決して勝てる打法ではないことを心にとめておいてください。

それではまた(・ω・)ノシ
スポンサーサイト

コメント

Secre

フミフミカウンター
黒ねこ時計 くろック E01
今にゃんじ?
プロフィール

 オウム

Author: オウム
誕生日 1月3日 
血液型 AB型
趣味 ゲーム/動画編集
性別 オス(鳥類)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。