スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀談3

んあんあ。三回目ですね。
何について考えようかなーと思って考えてたら、最近の課題である鳴きについて少し考えて見ようかと思いました。

まぁ状況とかルールによりけりなんですけどね。
今大体どこの雀荘に行っても赤入りの喰いタン後付けアリの店が多いと思います。
私ももっぱら赤入り、喰いタンアリのルールで打ってるので、最近そちらで考えたことでも。

鳴きはとにかくスピードが上がるんですよね。門前派の方は打点が下がるのが嫌って人が多いと思いますが、面前で進めるか鳴いて進めるかどっちがいいのか、となれば、私は鳴きを使った麻雀の方が圧倒的に勝率は上がると思います。(主は門前の方が好きなんですけどね)

なぜかと言われれば理由は二つですかね。
一つは門前にこだわり過ぎると、どうしても勝てない場合が出てくるからです。鳴いても同じこともありますが、自分の運や流れに任せるだけではどうしても持ち返せないことも多いですから。
喰いタンアリのルールでは、シャンテンを下げてでも断ヤオ方向へチェンジして鳴いてさらっと和了った方が得なことも多いです。麻雀は和了って初めて点数になりますからね。

二つ目は面前での打点と副露しての打点に差が付きにくくなったことですかね。
赤入りでは基本的に赤3枚くらいだと思います。店によっては2枚、4枚のお店もあるでしょう。
体感すればわかりますが、赤の枚数を合計したドラの枚数が1枚違うだけでその場の平均的な和了点は結構変わってくると思います。
私が感覚的に感じるのは
赤なし→平均2000~5200 2翻~3翻 満貫直撃で致命傷になりうることも
赤2枚(ピン)→平均2000~8000 2翻~満貫 満貫直撃でちょっと苦しくなるかも。
赤3枚 →平均3900~8000 3翻~満貫 満貫も出やすく、満貫ハネ満を受けてもまだ復帰できる。
こんな感じがしますね。

これが副露した際にどれほど打点が落ちるのかというと、赤なしか2枚までなら3900が高い方になりますが、赤が3枚も入っていると満貫が高い方で赤なしの3900よりも出やすい、という感じです。
麻雀はまずなかなかテンパイが入らないゲームですから、和了の難しいテンパイよりは、鳴いて他家よりも先にテンパイを、特に赤入りでは入れることが先決だと思います。私は和了点を下げて和了回数を上げることで、全体の平均順位などがかなりよくなりました。

自分が和了出来るなら和了した方がいいのです。点数の奪い合いなのですから。
リアル麻雀を基本としている人がネット麻雀をして、対局した時、ネットで多い鳴き過ぎ麻雀に一歩後れをとることも、ここに原因があると思います。和了出来なければ意味がないのですから。鳴かないよりは鳴いた方がいいと思います。
でも手が早くなっても、手が悪くないときに打点を落とすのは悪手です。基本的には和了点が高く、待ちが広い方が有利になります。自分の1000点のために8000点あるような相手と打ちあうのはハイリスクローリターンです(場合によっては言えませんが)
水鉄砲で拳銃とケンカなんてできません。

ではどう鳴くのがいいのか。これは非常に難しい問題だと思います。
対局中に牌が出て考えるのでは(そんな人あまりいないと思いますが)遅すぎるので、ある程度自分でキーになる個所、牌を絞っておきます。

たとえばこんな手
一ニ三八九①③⑤赤)⑥⑨ⅠⅡⅢ ドラ二萬
パッと見三色同順ドラドラという最終形が見えます。
これでどこがキーになるかといえば当然②筒だと思います。
でも、実はその次に④⑦も鳴いても全然OKだと思います。
三色同順に使う形は決まっていて、雀頭と残り1面子。
この中の形だと④⑤⑥か⑤⑥⑦のメンツがもう見えてますね。雀頭は残りのところで引っ張ってきたモノを使うことになるので、この鳴きも全然アリだと思います。まさかこの1鳴きで②が欲しい端の三色同順とはばれないでしょうから。
ただ、多分ないとおもいますが→(七)八九
この鳴きはあまりにもよくないです。
ペンチャンが鳴けているのである意味よさげかもしれませんが、あまりに残りの形が苦し過ぎます。もし⑥をツモってきて赤を切るようになれば打点下がりまくりの悪手も悪手です。
それに一番はこの鳴きで一気通貫か全帯がまず警戒されるようになるので②自体が少し警戒されます。特に上家は絞ってくるでしょう。

このように鳴いていい場所と順位が必ず手牌にはあると思います。
個人的には
一位ペンチャン
ニ位カンチャン(ドラ周辺)
三位カンチャンその他
同じくらいかちょっと下でドラ受けの両面。
こんな感じだと思います。清一、混一色をやっている時の手牌効率をを考えた鳴きを勉強する人も多いですが、強くなる一歩はまずこちらの鳴きだと思います。

ではこちらの手牌ではどこがキーになるでしょう?
一ニ四八八③④⑦⑦⑨Ⅳ中發 ドラ八萬


私なりの見解は続きへ。お疲れ様でした(・ω・)ノシ
>>私なりの回答
私的には鳴きたい個所一位が二か所。鳴いて3900あって十分な打点と言えますので、喰いタン方面へ向かいます。
一つは間三萬。それとドラが鳴ければ文句なしですがそんなことはまずないので⑦をポンしたいところです。
ポンはどこからでも鳴けるので優秀なのと、⑧を持ってくるとせっかくのチャンス手が役なしの形になってしまいます。テンパイスピードがかなり落ちる上に役を付けるには翻牌を重ねるしかなくなる。そんな運任せみたいなものはここでは排除です。
最終的には
二三四八八②③④⑦⑦⑦(Ⅳくっつく形はⅡⅢⅣⅤⅥのどれかなので断ヤオ確定でくっつくのを待つ)高め三色同順ついて満貫。
というのがこの手のシナリオです。
もちろん手の中はいろんな方向へ動きますから、麻雀の答えがこれってことはないです。
今回はあくまで鳴きを意識したものですので。
打点がある時は役を確定させる⑦鳴きができるかどうかが、キーポイントだと思います。

もしこれを見てまたドラか、喰い断か、と思うような方がいれば、それは面前に重きを置き過ぎだと思います。如何にミスなく効率よく打つかが麻雀の強さに関わってくると思いますので。
もちろん手を作るきれいな麻雀が好みの方はそう打てばいいのです。
特にプロなんかは少し意識してこの鳴きの打ち方ではなく、きれいな打ち方を魅せてほしいですね。
本当は私もそちらの方が好きなんですけどね。

それでは(・ω・)ノシ
スポンサーサイト

コメント

Secre

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【麻雀談3】

んあんあ。三回目ですね。何について考えようかなーと思って考えてたら、最近の課題である鳴きについて少
フミフミカウンター
黒ねこ時計 くろック E01
今にゃんじ?
プロフィール

 オウム

Author: オウム
誕生日 1月3日 
血液型 AB型
趣味 ゲーム/動画編集
性別 オス(鳥類)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。